テアトルアカデミーオーディションに応募!

こんにちは、娘を有名子役タレントにしたいきぃです。

最近は、いろんな子役事務所のことや、オーディションのことを調べている毎日でしたが、
実際に行動しないと始まらない!ということで、さっそくオーディションに行くための第一歩を踏み出したというところです。

娘にとってのはじめてのオーディションの場所はテアトルアカデミーにすることにしました。

やっぱり最大手ということや、実績がしっかりしているというのが大きいです。

まず、オーディションを受けるには、一次審査を通過しないといけません。

一次審査では、写真を郵送して、その結果を待ちます。
写真審査に受かれば、オーディションに行けるのです!

正直、娘の顔面なら、写真審査で落ちることはまずないと思います。
今まで、どこへ行ってもかわいいかわいいと言われますし、親バカフィルターを通さなかったとしても私から見てもかなりかわいいです。

よそのお子さんももちろんかわいいですが、冷静に顔面の偏差値が娘の方が高いと思うことばかりなんです。

なので、写真を送ればオーディションには行けると思います。

今はテアトルアカデミーに応募をしたので、その返事を待つのみです。

 

テアトルアカデミーのオーディションの応募方法

簡単に応募のやり方をご紹介します。
まず、テアトルアカデミーのオーディション応募フォームを開きます。

ネットで「テアトルアカデミー オーディション」と検索したらすぐ出てきますよ。

まず、名前とか住所とか情報を入力してきます。
名前は、ママの名前じゃなくて、応募する子供の名前を入れてくださいね!

住所は、合格通知が届くので、マンションの人などはしっかり届くように入力することをおすすめします。
そして、途中で画像を入力できるようになっています。

私はiphoneでやりましたが、画像フォルダに入っている娘の写真を選んで入力しました。
画像は、ある程度加工しました。
加工とはいっても、明るさくらいですけどね。
やっぱり印象が良くなる写真を選ぶのが肝だと思いますよ~

そのあと、子供の身長とか体重とかプロフィールをいれるところがあるので、全部入力してください!

そしたら応募ボタンがあるので、そのボタンを押したら完了です♪

応募自体はとても簡単なので、すぐにできましたよ♪
このサイトも参考にしました。

テアトルアカデミーオーディションの参考サイト

子役姉妹の本田姉妹

こんにちは、娘をタレントにしたいきぃです。
22歳で未婚で出産し、シングルで娘を育てています。
いろんな思いで娘をタレントにしたいという気持ちでいます。

オムツモデルとかを見るたびに、うちの娘の方がカワイイと思ってしまう私です。

私が好きな子役タレントに、本田望結ちゃんがいます。
先日、ジャンクスポーツに出演していて、その時感じたのが、環境が整っているということでした。

常に専属のトレーナーさんが24時間体制でいつでも指導に来てくれたり、自宅の地下がトレーニング室になっていたり。
本当にお金持ちなんだなぁと思います。
環境が整いすぎている。

お姉さんの本田真凛ちゃんは、タレントではないですが、フィギュアスケートでとても活躍していますよね。
オリンピックにも出れるのかというくらいすごいって本当にすごいです。

妹のみゆちゃんはテレビやCMに引っ張りだこなだけじゃなくフィギュアもやって、シニアの大会にも出たようですね。
タレント活動だけじゃなくスポーツもやって才能がありすぎますね。

才能だけじゃなく親の努力もすごいんだろうなって思います。

先日は、ジャンクスポーツに妹さんの本田紗来ちゃんも一緒に出ていました。
前は、あまりしっかりしていない印象がありましたが、先日はとてもハキハキと受け答えされていました。

末っ子ということで得することがたくさんあると言っていました。
10歳だそうですが、みゆちゃんが10歳のころの方がもっとしっかりしていたような気もします。

こんな兄弟を育てられるって親も幸せですよね。

うちの場合、未婚のシングルマザーですし、環境は全く違います。
お金もないし、自宅にトレーニングジムとか作ったりなんかは到底無理です。

でも、あの安達祐実ちゃんだってお父さんの借金を返すために子役になったり、環境はそれぞれです。
なにもみゆちゃんのような家庭でないと成功しないということはないと思います。

私はこの環境でも成功できるように、サポートしていくだけです。

私の敗れた夢

私が芸能界に興味を持って、入りたいと思ったのは、小6くらいの時でした。
その後、私自身も劇団に入り、読モをやったりもしていました。

色々とオーディションも受けましたが、その年齢になると、すでに子役からやってた子とかの方がキャリアが長く、私たち後から入った者は太刀打ちできないこともありました。

ずば抜けて可愛いとかなら別かもしれませんが、普通に可愛い子なんてゴロゴロいるんです。
もし、学校なら、ずば抜けて可愛いレベルでも、タレントの世界では普通。
街中では輝いてても、みんな可愛いから差がなくなる。

この子こんなに可愛いのに、全然鳴かず飛ばずなんだってびっくりしたこともありました。
正直、私もそう言われたりしました。

レッスンを受けたりして、オーディションも行きましたが落ちてばかりでした。
切ない思い出です。

私は今をときめくバラエティタレントみたいな立ち位置もいいなと思っていました。
ただキャラがないと目立たないので、みんなおバカキャラとかやるんですよね。
だから、だんだんとボロが出る。
そういうのは嫌だけど、自分のトーク力で勝ち抜くみたいなのを夢見ていました。

だけど、そういうバラエティタレントも長く続いてる人って少ないですよね。
一時的にブームになっても5年10年と第一線に入れる人も少ない。
超一流になれれば別ですけど。

娘には私の破れた夢を叶えて欲しいという気持ちもあります。
押し付けのように聞こえるかもしれませんが、将来、芸能界に興味を持った時、基盤があったほうがいいというのは間違いないし、娘のためになると思っています。

子供に英語を習わせたり、教育を熱心にしたりするのも同じことだと思います。
ただその場所が娘の場合は芸能界というだけのことです。

0歳のうちから熱心に英語教育をするために、ディズニーの教材を買いあさったり、幼児教育の教室に通わせる人もたくさんいます。
子どもに期待するのはどの親も同じで、どのジャンルかの違いなんじゃないかなって私は思います。

娘をタレントにしたいママです。

初めまして、22歳のきぃです。
わたしには、1歳にもうすぐなる娘がいます。

お世辞かもですが、みんなからかわいいかわいいと毎日のように言われていて、親バカなわたしもそう思ってます。
わたしの親も、オムツモデルにしたら?というくらい目がくりくりで天使な顔つきな娘です。

私も、以前から自分がタレントになる夢がありましたが、鳴かず飛ばずで断念した過去があります。
なので、娘には子役のうちからデビューさせてあげたいという気持ちもあって、親子で頑張ってみようと思い、その記録としてブログも作りました。

娘は、人見知りもほとんどなく、会う人会う人に笑顔を振りまいていて、みんながメロメロになっています。
あ、ちなみに私はシングルマザーです。
結婚せずに、娘を出産しました。

娘には父親がいないぶん、さみしい思いをさせるかもしれませんが、それを吹き飛ばすくらい頑張って、子役として有名になって、父親にも見返したいという気持ちも正直あります。
ちなみに認知もしてもらっていません。
最初は戦おうと思いましたが、もう、潔く諦めることにしました。
あいつに認知してもらうための時間が無駄だし、私は今娘と幸せなんで、それでいいやと思います。

大きくなった時、何か言われたら正直に話したいと思います。

ちょっと話がそれましたが、そんなこともあって、娘と一緒にチャレンジしたいという気持ちが大きくなっています。
そんなに甘くないかもしれませんが、これからいろんなオーディションなど受けたり、スクールに通ったりして、子役としての素質をつけていきたいと思います。

大きくなった時に、今でいう広瀬すずちゃんみたいな立ち位置になっていたら最高だなって思います。

ちなみに、過去に読モをやっていた経験があります。
でも高校生くらいってやりたい人が多くて、埋もれてしまうのが正直なところです。
子役時代から芸能界にいる人とはスタートが違うことを思い知らされていました。
娘には、スタートをよくしてあげたいという気持ちが強いです。

いろいろこれから語っていきたいと思います。