娘の父親

あまり書くつもりはありませんでしたが、なんか書いてスッキリしたい気持ちもあり、今日は書いてみようかなと思います。

娘の父親とは、バイト先で出会いました。
20歳同士でした。
普通の居酒屋のバイトで、私は当時学生で、娘の父親はフリーターをしてました。

娘の父親は高校卒業してからフリーターでした。

というのも、娘の父親の家は母子家庭で、本当はスポーツ推薦で大学に行けたけど、入学金が用意できなくて断念したようです。
この話を聞いた時は少し切なくなりましたが、後々、娘の父親のお母さんはパチンコ漬けで借金までしてることを知り、パチンコする金があるなら子供の大学費用にしてやれよ!と思ってしまいました。

それでも娘の父親は、自分の母親が女手一つで育ててくれたことを感謝してるようでした。

結構複雑な家庭で育っていて、娘の父親は三人兄弟の真ん中でしたが、3人とも父親が違いました。

バツ3みたいです。

お兄ちゃんを18歳で産み、その後21歳で娘の父親を産み、妹は23歳で産んだみたいです。
離婚と再婚してるのに、感覚短くないですか?
まぁいわゆるビッチなんでしょう。

3回ともできちゃった結婚らしいです。

そんな感じで、家庭環境もよくないんですが、モラルもなく、私に借りたお金を返さなかったり、給料日に一日中スロットに入り浸ったり、それで1日で20万負けて所持金800円とかになったりしてました。

いい加減別れないとと思っていた時に妊娠してしまいました。

最初は責任取ると行ってましたが、ほどなくして奴は逃げて連絡が取れなくなりました。

お兄ちゃんや妹のツイッターやフェイスブックからも連絡してコンタクトを取ろうとしましたが、一向に連絡が取れず、もう諦めて一人で産むことを決めました。

奴の家族も私が妊娠したことは知っているのに総無視です。
育ちが悪いって恐ろしいです。

なにより、そんな奴と付き合っていた自分が一番悪いです。

ただ、娘と会えたことは本当に後悔はひとつもなく。
これからは娘と二人で見返して行くだけです。
なのでなんとしてでも、子役タレントとして有名になって、いろんな人を後悔させたいです。

コメントを残す